教学内容

目標イメージ

当学院は、直接教授法を採用し、[話す]「聞く」[読む]「書く」の四分野にわたり、総合的な日本語能力を養成することを目標にしています。

日本の大学院、大学、専門学校への進学を希望し授業に必要な日本語を勉強したい人、日系企業への就職に備え日本語を身に付けたい人、日本の文化を理解し日本人とコミュニケーションを取るため日本語を勉強したい人を対象に、学生一人一人の目的と状況をしっかり把握しながら、「初級」[中級]「上級」それぞれのクラスに合った「会話」「聴解」「読解」「文法」「文字・語彙」「作文」など、高度な日本語教育を行っています。

初級Ⅰ、初級Ⅱ

発  音 日本語の発音の基礎を習得
会  話 基本的な文型を正確に使う練習
読  解 文章表現に慣れ、親しむ
聴  解 学習した文型を聞かせ、日本語の「耳」をつくる
文  法 基本的な文法の習得
文字語彙 ひらがな、カタカナ、漢字約400字、語彙約2,400語
作  文 学習した文型を使い、400字以上の文を書く練習

 

初中級、中級

会  話 自分の意思や情報を伝える能力を養成
読  解 一つのまとまった文章を読む力を養成
聴  解 日常的な事柄が聞けるように訓練する
文  法 日常的に使える文型、表現の習得を目指す
文字語彙 漢字約1,000字、語彙約6,000語
作  文 テーマに即して、自分の意見を論理的に書く練習

 

中上級、上級

会  話 社会生活に順応するコミュニケーション能力を養う
読  解 新聞、エッセイ等、生教材使用
聴  解 ニュース、ドラマ等の生教材使用
文  法 文語表現も含む高度の文法の習得
文字語彙 漢字約2,000字、語彙約10,000語
作  文 入試に向け、論文指導
受験指導 面接練習も行う