進学コースと学費の案内

コース案内

認定コース 学習期間 入学時期 終了時期 学習時間
進学2年コース 2年 4月 3月 1,520時間
進学1年9ヶ月コース 1年9ヶ月 7月 3月 1,340時間
進学1年半コース 1年半 10月 3月 1,140時間

 

授業時間案内

午前クラス 午後クラス
月曜日~金曜日 月曜日~金曜日
9:00~10:30(休憩15分)10:45~12:15 1:00~2:30(休憩15分)2:45~4:15

土日祝日休み、春期休暇、夏季休暇、冬期休暇があります。

 

教学内容

 当学院は、直接教授法を採用し、[話す]「聞く」[読む]「書く」の四分野にわたり、総合的な日本語能力を養成することを目標にしています。 日本の大学院、大学、専門学校への進学を希望し授業に必要な日本語を勉強したい人、日系企業への就職に備え日本語を身に付けたい人、日本の文化を理解し日本人とコミュニケーションを取るため日本語を勉強したい人を対象に、学生一人一人の目的と状況をしっかり把握しながら、「初級」[中級]「上級」それぞれのクラスに合った「会話」「聴解」「読解」「文法」「文字・語彙」「作文」など、高度な日本語教育を行っています。


サバイバル・初級
授業科目 内容 総授業時間
文字・語彙・文法読解・聴解・会話
作文
ひらがな・カタカナ・漢字の読み書きを学び、基本的な漢字で書かれた文章や表現を理解し、日本での生活に必要な簡単な会話力を身につけ、日本語の基礎を学び、JLPT N4合格を目指す。。 380時間
中級
授業科目 内容 総授業時間
文字・語彙・文法読解・聴解・会話作文
日常的な場面で使われる自然に近いスピードの会話をある程度理解し、日常的な話題について書かれた文章の読み書きなど、日常的な場面で必要な日本語力を習得し、JLPT N3 合格を目指す。
38時間
中上級
授業科目 内容 総授業時間
文字・語彙・文法読解・聴解・会話作文 日常的な場面で使われる自然に近いスピードの会話や新聞、やや複雑な文章を理解し、幅広い場合で使える日本語能力習得し、JLPT N2 合格を目指す。 380時間
上級
授業科目 内容 総授業時間
文字・語彙・文法読解・聴解・会話作文 日常会話はもちろんビジネス上の会話や専門用語、若者言葉などを使って日本人とのコミュニケーションが取れる。就職、進学に困らない高度な日本語総合力を身につけ、JLPT N1相当の日本語力を目指す。 380時間
各クラスの授業内容、時間数は教務主任が在学生日本語レベル、国別状況を考慮し、調整します。

学費の案内(円)

選考料 22,000 出願時に納付

 

  入 学 金 授 業 料 施設維持費 厚 生 費 合  計
初年度
(各コース)
80,000 612,000 46,000 22,000 760,000
次年度
(2年コース)
  612,000 20,000 22,000 654,000
次年度
(1年9ヶ月コース)
  459,000 20,000 22,000 501,000
次年度
(1年半コース)
  306,000 20,000 22,000 348,000

  • すべての金額は税込金額です。
  • 「学費」とは、選考料、入学金、授業料、施設維持費、厚生費の総額を言います。
  • 学費には教材費が含まれています。
  • 初年度の学費の納入期限は、「在留資格認定証明書」が交付してから2週間以内です。


 学費返還規定

  • 入学願書類提出後、キャンセルした場合、選考料は返却しません。
  • 「在留資格認定証明書」交付後、学費支払う前にキャンセルした場合、選考料は返却しません。
      選考料の未払いがある場合は、選考料を徴収します
  • 「在留資格認定証明書」交付後で、学費の支払い後、査証拒否によって入学できない場合、
      査証拒否が当校の職員によって確認された後選考料と入学金を除いた金額を返金します。
  • 入国ビザを取得後、来日前に入学を辞退した場合、「在留資格認定証明書」と「入学許可書」を
      当校に返却し、入国ビザ期限内に入国してないことが当校の職員によって確認された後、選考料と
      入学金を除いた金額を返金します。
  • 入学後、6ヶ月以内に退学して帰国する場合、「依願退学届」を提出し、帰国が確認された後、
      6ヶ月の授業料を除いた授業料を返金します。
  • 入学後、6ヶ月後に退学する場合は、「依願退学届」を提出し、帰国が確認された後、帰国日次の
      月から計算して、残月の授業料を返金します。
  • 入学後、他の資格に変更して、退学した場合は、学費の返金はしません。
     (例えば、就職、結婚、難民等)
  • 入学が遅れた場合、いかなる理由でも遅れた分の授業料の返金はしません。
  • 日本の法律、学則に違反し、退学処分になった場合、学費は返却しません。

「聴講生」の案内

  • 「留学」以外の合法的な在留資格を有する方は、「聴講生」として、「留学生」と一緒に日本語を
      勉強することができます。
  • 日本語レベルによる、留学生と同じクラス単位の授業です。特別な個人授業は行っておりません。
  • 学費は毎月46,000円です。毎月月末に翌月の学費を支払います。8月と3月は長期休暇があるので、
      学費は徴収しません。
  • 毎月の授業日数は若干違いますが、学費は一律毎月46,000円です。
  • 「教材費・教科書代」は実費を徴収します。
  • 途中で授業に参加した場合(退学も含め)、当学院が認める理由がある場合を除き、学費は返却
      しません。
  • 授業時間は「留学生」と同じです。
  • 一年以上在学し、かつ当学院の第6の統一試験を受験した者には「修了証書」を発行します。
      上記の条件を満たさない者には「学習期間証明書」を発行します。
  • クラス単位の課外授業や学校全体の行事等は、参加は自由ですが、参加する場合は費用を徴収
      します。